花も実もある楽しい読書

人生とテニスに役立つ本

『50代にしておきたい17のこと』50歳のいま、やりたいこと

本田健さんが勧める、50代にしておきたい17のこと、の目次。そして50歳のいま、自分なりにやりたいこと。

1. 残りの人生でやりたいことを決める

  • 50代は、どう攻めていくかで決まる:意識的に、やりたいことだけ、やりたいやり方で、やっていく。迷ったら、無難な方ではなく、ワクワク出来そうな方を選択する。
  • 10年かけてやりたいことは:5年かけて、組織メンバーが各々や社内リソースと有機的につながって自律的にイノベーションと成長を促せるプロセスを確立する。後半の5年で、どこでもそのプロセスを回せるようになる。
  • 好きか、嫌いかで決める:好きな仕事をする。好きなやり方でやる。仕事は毎日6時半までに終わらせる。夜と週末は好きなことをする。
  • 先立つ後悔のリストを作る:子供たちが巣立つ前に楽しい家族の思い出をたくさん作る。

2. 不義理をする

  • 嫌ならノーと言う:自分が嫌なのは、納得していない依頼を引き受けたり要求を飲むこと。悶々としてしまい精神衛生上も悪いので、我慢せずに断る。
  • 断るときの一瞬の罪悪感で燃える:断ることは熱い、痛いものであることは受け入れて、自分にとっての鎮火作業である「理由の説明」を行う。
  • 心が軽くなることだけやる:
  • 「ごめんなさい」の達人になる:「理由の説明」を投げつけるだけでなく、「ごめんなさい」とセットで伝えてケンカにしない。

3. 消去法で決める

  • 可能性はあまりないと知る:流動性知能は若い人に敵わないことを理解して、積極的に任せる。結晶性知能をフル活用して、自分の好きな形で組織に貢献する。
  • 「できないこと」と「できること」の線引きをする:イノベーション自体を生み出すことは、若い人の方が能力が秀でている。イノベーションを生み出しやすい組織やプロセスを作ることは、自分に向いているはずなのでリードしていく。
  • 得意なこと、好きなことをする:一緒に集まれば楽しそうだと考えられるメンバーに声をかける、これなら参加したくなるだろうというテーマをかかげて仲間を集める、これらは昔から得意だし好きだ。仕事でもプライベートでも継続する。
  • 消去法を楽しく実践する:いらない評価のための仕事は楽しく消去する。

4. 昔の友人に連絡をとる

  • 昔の友人は、自分を知る宝:昔の自分に会いに、昔の知り合いに会いに行ってみる。
  • 同窓会には積極的に顔を出す:引き続き同窓会を積極的に企画する。
  • 自分の可能性と限界を知る:いろんなタイプ、違うことをしていたり違う環境にいる旧友と会って話を聞いてみる。違う人生もあったことを知る。
  • 友情が人生に厚みを加える:仕事以外で出会った友人、仕事関係が切れた後もつながる友人、これらを育む。

5. 故郷を訪ねる

  • 故郷は、心の栄養剤:妻にいい栄養があるかもしれない。
  • 忘れていたあたたかさを感じる:あたたかい気持ちを感じに、狛江の学校、塾、友人宅に行ってみよう。
  • 子供時代の楽しさを思い出す:行ってみたら楽しい思い出がよみがえるかも。
  • 自分のルーツを掘り起こす:土地に受けた影響はあるかな。

6. 愛を育む

  • 人生でもっとも大切なものは?:家族と自分と仲間。しっかりと、いい時間を使おう。
  • 愛とは何かを考える:愛を与える、とはどういうことか。
  • 誰と愛情を育むか?:家族と仲間。
  • 愛とニーズの違いを知る:期待を押し付けることであってはならん。

7. 家族との軋轢を解消する

  • 家族との軋轢は、不幸を呼ぶ:家族の家族との軋轢を解こう。
  • 家族とつながれる人は、社会を信頼できる:家族とつながろう。
  • 家族を癒す:我が家に笑顔を増やそう。
  • 宿題をやり遂げる:宿題を残さないようにしよう。

8. ロマンスを取り戻す

  • ロマンスの香りを思い出す:素敵な50代であろう。
  • 恋をする:パートナーや推しにドキドキしよう。
  • 自分のセクシャリティを大切にする:カッコよさを磨こう。
  • パートナーと出会いなおす:あの頃を思い出そう。

9. お金の計算をしておく

  • お金で幸せは買えない:幸せなことをどんどんやってしまおう。
  • お金は不便さを解消できる:時間と健康とワクワクは買おう。
  • お金と上手につき合うには?:夫婦で信頼し合う。
  • お金で人生を台無しにしない:ずるいことはしない。

10. 趣味をライフワークに進化させる

  • 趣味を大切にする:テニスの研鑽、歴史の研究、友の集い企画。
  • 人生をかけてやりたいことを見つける:いいモノと欲しい人をマッチングさせる。
  • 趣味とライフワークの違い:お金を払いたい、払いやすい仕組み化。

11. 健康と向き合う

  • 健康がこれからのいちばんの資産だと知る:心身の健康が一番大切と心得て、ヘルシーに時間を使う。
  • 健康のつくり方:健康には投資する。
  • 健康上の宿命と運命: 状況は時期によって違えど、その時に適した健康的な活動をする。
  • 病気と死について考える:幸福な人生に時々感謝する。

12. 時間=命と考える

  • 時間はためることができない:思い出を作ろう。
  • 自分の残された時間を計算する:もう一回、30-50歳をやるぐらいの時間があるとすると、妻と両親を大切にしたい。
  • 時間をつくり出す:チームメンバーのケイパビリティ向上に全力で貢献し、好きなことに時間を使い、どんどん任せる。
  • 時間の使い方を大きく変えてみる:辛くなったら、極端な視点から見直してみよう。

13. 自分は何をのこせるか考える

  • 自分が生きた証:次世代に良い思い出を残せたらいい。我が子たちに。他の子たち、孫たちにまで出来たら最高。
  • 持って生まれた才能を開花させるには?:知恵と工夫で、自分がワクワクすることだけをやり続ける。
  • 祝福された人生とは?:恵まれた人生に感謝して次世代に還元する。

14. 羽目をはずしてみる

  • 年相応なことをしない:やりたいことを積極的にやる。
  • 実年齢マイナス20歳で生きる:20年前にやりたかったけどやらなかったこと。ハワイで暮らす、家を建てるなど。
  • 自分を驚かせてみる:夫婦でワクワク、ドキドキすることをやる。まず叶えたいことを、次に実現方法を考える。
  • 新しい自分を発見するには?:新しい友達を作る。

15. 20代の友人をもつ

  • 若い頃にやらなかったことを思い出す:若い人にご馳走して遊んでもらい思い出す。
  • 20代のノリを生活に取り入れる:彼らの会話に耳を傾けてノリを取り戻す。
  • 最新のファッションや流行を追いかけてみる:流行の場所、新しい場所に行ってエネルギーを取り込む。
  • ドキドキすることを忘れない:無難よりもドキドキする選択をしよう。

16. 本音で生きる

  • 自分の人生から、建前を追放する:本当にやりたいことをやる。
  • 感じたことを口に出す訓練をする: 言いたいことを、ユーモア、愛嬌をもって言う。
  • 悪口を本人の前で言ってみる:ポジティブな意図を持って本音で話す。
  • 嫌なことはやらないと決める:好きな人と好きなことをして過ごす。

17. とことん楽しむ

  • 人生は、思い出でできている:お金を貯める?功績を貯める?いえ、思い出を貯めよう。
  • 楽しいことと悲しいこと:人生の日々にはバラエティがある。選べない出来事はオープンに受け入れる。選べるときは、チャレンジがあっても楽しそうなことを選択する。
  • ワクワクすることは?:自分のワクワクに加えて、人のワクワクもサポートする。