花も実もある楽しい読書

人生とテニスに役立つ本

試行錯誤の軌跡:人類の歴史を探る(6)2千5百年前ー鉄器の普及と社会の振れ幅の拡大

古代グローバル文明とも言える青銅器文明崩壊後、人類が迎えた新たな岐路は鉄器の普及であった。このイノベーションは、社会の振れ幅をさらに大きくしていく。

2千5百年前ー鉄器の普及

トマ・ピケティは『21世紀の資本』で、超長期での経済成長の速度感を示している。紀元0年から1700年までの経済成長率は、0.1%以下だった。厳密には、人口増加率から0.06%、一人当たり生産性の成長から0.02%だ。これでは毎年の成長など感じようもないが、1700年続けば2.3億の人口が5.9億まで増えるのである。近代以前の社会の成長速度とはこのようなものだった。もっと遡れば、人類が定住を拡大しはじめてから紀元0年までの1万年、想定人口増加率はさらに低く0.04%程度とされる。

時代を下れば下るほど成長率は低くて当然とも思えるが、実はこの間に「高度成長期」があった。それは紀元前1千年紀で、紀元後の1700年間をも上回る0.07%で成長したと考えられている。これはどのような時代だったのだろうか。

およそ紀元前600年前から紀元前200年前、のちに枢軸時代と呼ばれるこの時代。中国では諸子百家が活躍し、インドでは仏教、ジャイナ教が成立、イランではゾロアスターが独自の世界観を説き、パレスティナではイザヤ、エレミヤなどの預言者があらわれ、ギリシャでは三大哲学者のソクラテス・プラトン・アリストテレスらが輩出された。 ユーラシア大陸の各地で、後世の諸哲学、諸宗教の源流となり、現代まで影響を与え続ける哲学や宗教が一斉に誕生したのだ。 

人類社会に、このように内面世界で試行錯誤する余裕を与えたもの、もしくは内面的な試行錯誤を強いたもの。それは「鉄器の普及」であった。

現在のトルコに位置したヒッタイトは、紀元前1400年頃から鉄の大規模生産を始めた。炉とふいごで高温を生み出して鉄鉱石から鉄を抽出、精錬し、武器を製造して帝国の維持拡大に活かした。ヒッタイトは鉄器の製造技術を隠したが、帝国末期から地中海地域へ広がる。インド亜大陸にはヒッタイトよりわずかに遅れて導入された。中央アジアの陸路やペルシャ湾を通る海路から伝わったと考えられる。古代インドの冶金技術は独自に大きな発展を遂げ、有名なデリー鉄柱など、高品質な鉄が大量に生産された。中国には、おそらく中央アジアのステップを通じて、紀元前8世紀頃にもたらされたと考えられている。

鉄器の普及をきっかけとして、社会の生産性を高める3つの変化が連鎖的に発生していった。それが余剰生産力の拡大、経済活動の発展、文字体系と記録媒体の進化だ。同時に、1つの破壊的な変化、軍事衝突の増大も呼び込んだ。これらを順に見ていこう。

1つ目は余剰生産力の拡大だ。鉄製の道具は、それまでの青銅器や石器よりもはるかに丈夫で鋭く、土の掘り返しや作物の収穫が効率的に行えるようになった。農業地域に多い重い粘土質の土を耕しやすくなり、荒地の根や岩も取り除けるようになって耕作地が増えた。鉄の鋤は深く土を掘り返せるため、土がよく空気を含むため単位収穫量も増えた。

農業生産性が向上して一人当たりの食糧生産量が増えると、農村では少ない労働力で足りるようになる。その結果、より良い生活条件を求めて多くの人々が都市へ移動した。都市では、非農業部門の職が増え、商業、サービス業、工業など多様な経済活動が展開されるようになる。

こうして進んだ2つ目の変化が、経済活動の発展だ。青銅器時代の都市国家は、小規模ながらも王や支配者が主権を持ち、国家が主産業である農業生産を直接コントロールし、宮廷や寺院が経済活動を担った。都市の中心には大規模な神殿があり、宗教儀式が重要な社会統合の手段であった。

一方、鉄器時代の都市では商人階級や職人階級など、新しい社会階層が生まれ、経済活動において重要な役割を果たし始める。都市は交易のハブとして発展し、域内および国際貿易が活発に行われ、多様な文化や宗教の中心地となって異文化間の交流を促した。

青銅器時代にも地中海世界の各文明間で活発な交易が行われたが、王宮などの限られたエリート層によって執り行われ、青銅やその原料である銅と錫、王宮や神殿建設のための高価な石材、王家のための宝石や陶器など、政治や外交にともなう物品が中心であった。鉄器時代には交易の主体がフェニキア商人などに移り、交易品も染料、木材、ガラスや金属製品、オリーブオイルやワインから奴隷にいたるまで、市民が必要とするあらゆる商品が幅広く取り扱われるようになる。

経済活動が発展する中で貨幣システムも発明された。貨幣の導入以前は物々交換が基本で、自分が必要とする物を持っている人を見つけ、さらにその人が自分の持ち物を必要としているという「二重の偶然の一致」が必要だった。このプロセスは非常に効率が悪い。青銅器時代の交易を宮廷がリードしていた背景にはこれもあるのは間違いない。貨幣導入以前のマッチングはただでさえ難しいのに、その規模が大きくなると複雑さを極める。外交儀礼的な役割も大きかった宮廷間交易だからこそ成立したとも言える。
貨幣の導入により、この複雑なマッチングプロセスが不要となり、より迅速かつ大規模な取引が可能になった。

物々交換では物理的な物の移動が必要となるが、貨幣は持ち運びが容易なため国際的な市場にも参入しやすく、経済活動がグローバルな規模で発展する土壌が整った。貨幣は価値の尺度として機能し、異なる商品やサービス間の価値を比較可能にするため、生産者や消費者は合理的な経済判断を下すことができるようになり、市場経済の効率が向上した。

このように経済活動が多様化すると会計業務や記録の重要性が増す。ここに3つ目の変化が現れる。かつては宮廷書記などに限られていた文字の利用が新興階級である商人などに広まり、文字体系と記録媒体の進化が進んだのだ。

ギリシャ人は、海の民の没落後に地中海貿易を支配していたフェニキアの商人と密接に交流し、彼らのアルファベット文字の方が自分たちの文字よりも会計業務には早くて簡単だと考えて取り入れたと考えられている。

ギリシャ人は歴史上初めて、子音と母音を系統的に、一貫して表した民族である。それ以前以後に考案されたどの文字体系よりも話し言葉を忠実に再現でき、言語の音声を初めて「文字によって転写すること」を成し遂げた。わずかな調整を行うだけで、地球上のどのような言語を伝えられるようになったのだ。紀元前5世紀には、書物はパピルスの巻き物になっていて、20メートル以上の長さのものもあった。

東アジア最古の表記システムである中国文字は、おそらくメソポタミアの文字体系の借用が起こったと考えられるが、文字自体は明らかに独自のものである。中国文字は表音要素と表意要素あわせ持つのが特徴で、その表記システム自体は周の時代には完成し、字体は秦の時代に標準化が行われた。文字は竹や絹、木片などに、筆と墨を用いて書かれた。

文字が広く使われるようになると、知識を口頭で伝えるだけでなく、書面に記録して保存できるようになった。過去の知識が時間や地域を超えて多くの人々に参照され、新しい理論を組み立てる基盤となった。特に、哲学や科学の複雑な概念や理論は、文字による記録と正確な伝達があってはじめて体系的な発展が可能となったと言える。古代ギリシャでは、哲学者たちが著作を通じて理論を展開し、他の学者からの批判やコメントを受けることで、思想が深化していった。

平易な文字体系が浸透すると、教育の機会も拡大され、多くの人々が読み書きを学ぶことができるようになった。哲学や科学を学ぶ人々の層が広がり、その発展を担う人材が充実すると同時に、書物の普及によって一般の人々も古典的な文献や新しい学説に触れることができ、知識の民主化が進んだ。

このようにして、鉄器の普及は、余剰生産力の拡大、経済活動の発展、文字体系と記録媒体の浸透という、生産的な変化を人類社会にもたらし、人類がその内面世界で試行錯誤を重ね、哲学や科学を発展させる基礎ともなったのである。

しかしながら、またしても人類の歴史は線形には進まず、試行錯誤に陥る。鉄器の普及という歴史的なイノベーションにも技術進歩の二面性はついて回った。軍事衝突の増大という破壊的変化も引き起こしたのだ。

鉄器の普及が軍事技術にもたらした進化は、その破壊的な側面を通じて古代の社会構造、政治的なパワーバランス、戦争の性質を大きく変えた。鉄製の武器は、それ以前の青銅製の武器よりもはるかに硬く、耐久性があり、鉄製の剣や槍はより鋭い切れ味を持ち、破壊力が増した。鉄は青銅に比べて資源として入手しやすかったため、より多くの兵士が殺傷力の高い武器を使用するようになった。防具も同様に改良され、より強固なヘルメットや鎧が普及した。効果的な武器と防具は集団での密集隊形戦術を発展させ、戦闘の規模と激しさが増した。鉄製の兵器が戦争をより「効率的」にしたことは、戦闘のあり方を変えただけでなく、大規模な侵略戦争をも増加させ、多くの人々が命を落とし、社会全体の不安定要因となる時期も増えたのである。

鉄器を駆使した軍事力は、いくつかの文明で帝国を形成し拡大する基盤となった。アッシリア帝国は鉄製武器を用いた軍事力を背景に中東地域を征服し、征服地域での文化の抑圧や搾取を引き起こした。軍事的な成功が権力の源泉となる社会では、戦士階級や軍事指導者が社会上層部に君臨することが増え、戦争による略奪や植民地からの資源の流入は、一部の層に富を集中させ、経済的な不平等を助長したのである。

この鉄器が人々にもたらした不安と不幸、社会に拡大した不条理もまた、人々に内面世界での試行錯誤を強いたのであった。余剰生産力の拡大、経済活動の発展、文字体系と記録媒体の進化は、人類に内面世界で試行錯誤を重ねる余裕を、より深い試行錯誤を可能にする術を、そして軍事衝突の増大は、内面世界で試行錯誤せざるを得ない状況をもたらした。鉄器の普及は紀元前一千年紀の人類社会に大きな影響を与えたのであった。

 

(5)4千年前ー古代グローバル文明の形成と崩壊。次代への試行錯誤」はこちら。