人生、仕事、家族に役立つ本100冊

外資系父さんがおすすめする、花も実もある楽しい読書

森浩美 家族短編集シリーズ 家族とぶつかったら1、2章服用しましょう。いい切り替えができます。

  家族なのに、傷つけあう。家族だけど、わからない。夫婦や親子でけんかをしたり、不安にさせたり心配をしたり。誰しもあると思います。

 気持ちがささくれだったとき、森浩美さんの家族短編集を読むと、気持ちがほわっとします。家族の大事さを思い出させてくれて、いい切り替えができます。

 既刊の5冊にはそんな物語がつまっています。主人公は夫や妻、父や娘など、30代から50代の男女。彼らの物語は、何かしらの苦しさや悩みを抱えて始まりますが、最後には希望の光が見えたり、気持ちを切り替えるスイッチを見つけたり。それで万事解決、という訳でもないでしょうが、主人公同様、人生は続くわけで、ちょっとした光とか、気持ちの切り替えができるだけで、すごく救われますよね。前向きに考えられるようになる、すべての家族を持つ人にとっての、心のお薬のような短編集です。 

 それぞれのストーリーに共感できるポイントがあると思います。自分がその時感じている悩みはちっぽけだなー、と思わせられたり、たまたま今の自分と子供たちに世代がどんぴしゃではまるストーリーを読んで、あるあるだなー、と思わせられたり。来年、十年後、読み返せばまた違うストーリーに心惹かれたり、子供目線で読んだストーリーを親目線で共感したり、といったこともあるのでしょうね。

家族の言い訳 (双葉文庫)

家族の言い訳 (双葉文庫)

  • 作者:森 浩美
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: 文庫
 
家族の分け前 (双葉文庫)

家族の分け前 (双葉文庫)

  • 作者:森浩美
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: Kindle版
 
ほのかなひかり (角川文庫)

ほのかなひかり (角川文庫)

  • 作者:森 浩美
  • 発売日: 2011/10/25
  • メディア: 文庫
 
家族ずっと (双葉文庫)

家族ずっと (双葉文庫)

  • 作者:森 浩美
  • 発売日: 2013/04/11
  • メディア: 文庫
 
家族往来 家族短編集シリーズ (双葉文庫)

家族往来 家族短編集シリーズ (双葉文庫)

  • 作者:森浩美
  • 発売日: 2014/11/26
  • メディア: Kindle版