外資系父ちゃんがすすめる100冊

妻と二人の愛娘と暮らす40代外資系課長です。続く転勤、キャリアの壁、夫婦関係など、不惑を過ぎて惑う日々。教養、ビジネス、夫婦関係、小説、マンガ、心に響く読書を通じて、悩める40代が制約を乗り越えて自由を拡大する。本の中身を実践しつつ紹介します。

13. 成功している男の服選びの秘訣 40 宮崎俊一 / 大人の服選び MB <労力をかけずセンス良く>

 会社に来て行くスーツ以外の服を、いかに労力をかけずにセンス良く見せつつ予算内に収めるか。結構多くの男性が身につけたいスキルな気がします。

 二冊の本ですが、前者は百貨店有名バイヤーによる2-5万円程度、後者はプチプラ通の有名ファッションブロガーによる2-5千円程度のアイテム&着こなしのポイント紹介となっています。長く着るか着倒すかの差はあれど、ポイントを押さえれば高いコストパフォーマンスで素敵な大人の男性ファッションが完成する、と教えてくれます。

 いずれもファッション雑誌でよく紹介されるような高額ブランドではないので取り入れやすいです。また価格帯の違う提案の二人が共通したポイントをあげています。すなわち、1)ドレスとカジュアルのバランスが大事で、特に大人の男性はドレスをしっかりキープする、2)質のよい白シャツ、ドレス感のあるパンツ、靴、ジャケットやハイゲージニットなど、必須アイテムが存在する、3)体型にきちんとあっておしゃれに見えるサイズがある、などです。くしくも二人とも「ドレス」というキーワードを使っていますが、簡単に言うとスーツ仕立ての縫製であったり、ぴったりとしたサイズ感、シワがなくツヤがあるテイストを指します。

 多くの人が、価格帯の違うデパートとFast Fashion、どちらでも買い物をするはず。いいとこ取りをして、行動力と自信を高めましょう。

 ちなみに、二つの本のラーニングをクロスオーバーさせてもしっくりきます。例えば、百貨店でイージーオーダーのスーツを作る。宮崎氏が進めるように、やはり体形に合ったスーツは非常に見栄えがいい一方、セールで作れば値段はブランドスーツなどに比べて非常に安く済みます。インナーには、MB氏がおすすめするユニクロのデザイナーコラボシリーズから、モノトーンTシャツを合わせる。ユニクロには少し照れがあったのですが、大型店やインターネットで扱っているデザイナーコラボアイテムは、デザインもしゃれていて掘り出し物があります。会社の女性からも評判のいいスタイルが出来ますよ。

 

9割の人が間違った買い物をしている 成功している男の服選びの秘訣40 (講談社の実用BOOK)

9割の人が間違った買い物をしている 成功している男の服選びの秘訣40 (講談社の実用BOOK)

 

 

Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」

Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」